影山優佳は高卒のはずがない!大学絶対行ってるって!

アイドル

日向坂46メンバーの中でも、いや坂道シリーズの歴代メンバーの中でも偏差値はトップクラスであろう影山優佳さん!


最近ではサッカーに関する豊富な知識と愛で、多くのサッカー番組にも引っ張りだこです!


頭脳明晰で美人、サッカーにも詳しいとなるともう世の男の子たちの憧れの存在です💛


もっと彼女のことが知りたい!と思い、情報をまとめました。

影山優佳さんのプロフィール

プロフィール

日向坂46一期生
名前:影山優佳(かげやま ゆうか)
ニックネーム:かげちゃん、かげ
生年月日:2001年5月8日
星座:おうし座
血液型:O型
身長:154.5cm
出身地:東京都

2016年5月、日向坂46の前身であるけやき坂46(ひらがなけやき)オーディションに合格。

2018年6月に大学受験に専念するためにアイドル活動を休止。

2020年5月、2年ぶりにアイドル活動を再開。

影山優佳さんの卒業中学・高校

影山優佳さんは、日本でも有数の超進学校である中高一貫校の筑波大学付属中学・高等学校を卒業しています。

筑波大学付属高等学校は東京都文京区にある有名進学校で、偏差値78(2022年調べ)は日本ランク2位・・・

因みに偏差値ランキング1位は、灘高校です。

東京大学、京都大学をはじめとした旧帝国大学や有名私立大学へ毎年多くの生徒たちが進学しているので、レベルの高さの半端なさが分かります。

2022年4月には秋篠宮家の悠仁さまが入学したことにより、影山優佳さんは悠仁さまの先輩に・・・。

影山優佳さんが進んだ大学

そんな超有名進学校に通っていた影山さんはどこの大学に行ったのか気になるところです。

調べたところ進学した大学は不明で、さらに進学したのかすらも情報がありませんでした。

影山さんは活動再開した時期の2020年5月26日に、このようにブログに綴っています。

皆様にご報告をさせていただきます!

これまで約2年間学業のため活動休止をさせていただいておりましたが、
まず無事に高校を卒業することができました!

そして大学受験についてですが、 最後まで頑張り抜いたものの自分で納得のいく結果を出せませんでした!

浪人などさまざまな選択肢がございましたが、 活動休止中から現在に至るまで、計り知れないプレッシャーや自分自身と戦いもがき苦しみながら 自分の将来と本当にやりたいことはなにかを考え続けました。

いつも応援してくださっているファンの皆さんを先が見えないままずっと待たせてしまっていること。

メンバーとして籍をおかせてもらっているという恵まれた環境で勉強させていただいていたこと。

様々な問題にぶつかりながらも全力でやりきったという達成感があること。

そして悩みに悩んだ先にはいつも、 またメンバーと一緒に活動したいという気持ちが強く存在していました。

今後につきましては、 復帰し、また一から活動を精一杯がんばっていきたいと強く思っています!!

引用元:日向坂46OFFICIAL WEB SITE 影山優佳公式ブログより

東京大学文科I類合格を目指していたことはファンの間ではよく知られていることでした。

ブログの報告でも、『納得のいく結果ではなかった』と語っており、また冠番組『日向坂で会いましょう』の中でも東大に落ちたイジリの件があったりと、本人も東大不合格であったことは明確に認められています。

ブログからも浪人していないことは明らかとなっていますが、その後は大学生活についてのことは一切彼女から語られていません。

もしかしたら慶應義塾大学や早稲田大学といった有名私立大学に進学している可能性もありますが、目撃情報なども無いため、大学には進学せずに日向坂46の活動に専念していると思われます。

番組MCオードリーの若林さんに「(東大落ちた事を)どんどんいじってください!」と伝えるなど、失敗を乗り越えて新たな目標に向けて進んでいく彼女の力強さを感じます!

応援していきたい!

JFA4級審判員資格を所持

サッカーに造詣が深い影山優佳さんは、なんと日本サッカー協会の4級審判員の資格を持っています。

JFAのHPによると、4級審判員が担当できる試合は下記のように記載されています。

都道府県サッカー協会を構成する支部、地区/市区郡町村サッカー協会の参加の団体、連盟等が主催するサッカー競技の試合を担当することができる。
※4級審判員で特に優れていると都道府県サッカー協会の審判委員会が認めた審判員については、都道府県サッカー協会主催するサッカー競技の試合を担当することができる。

引用元:JFA|公益財団法人日本サッカー協会HPより

都道府県の試合であれば副審を、市町村の試合であれば主審・副審をすることができる資格です。

なので、影山さんは市の大会でサッカーの審判として笛を吹くことができます⚽

なぜサッカーの4級審判員の資格を取るに至ったのでしょうか?

影山優佳さんは、5歳から小学校6年生まで男の子たちに交じって少年サッカーチームに所属してサッカーをしていました⚽

小学生ながら50m走も7秒台で走り、女子のトレセンにも呼ばれていましたが中学受験もありサッカー継続を断念したそうです。

中学校に上がり、サッカーをもっと楽しくみるためにはどうしたらいいかを考えた結果、審判員の資格を取るに至ったとのこと。

発想が秀才過ぎませんか?!

2021年には、『FIFA2022』の日本アンバサダーに就任し、ゲーム内にも登場するなどサッカー界で確固たる地位を確立しつつあります!

おまけ:家族についての噂

影山優佳さんの事を調べていると、影山さんのお父さんと弟についての情報がヒットしました。

ですが、彼女のお父さんでは?と噂されていたサッカー指導者の影山雅永さんについては、名字が同じなだけで血縁関係が無いことが分かっています。

また、弟さんについては確定するだけの情報がありませんでしたが、国士舘大学サッカー部に所属している影山秀人さんではないかという噂がありました。

根拠としては、影山優佳さんには1つ下の弟さんがいることから学年が1つ下である影山秀人さんがその弟さんではないか?と言われています。

公表されていませんので、あくまでも噂の域を出ていません。

気になるところですね!

まとめ

今回は影山優佳さんの出身学校や大学進学、そしてなぜサッカーの造詣が深いのかを調べてみました☺

・偏差値78 筑波大学付属中学・高等学校卒業
・東京大学文Iに落ちた事は確実だが、大学進学については不明
・JFA4級審判員を持っている

といった、超ハイスペックな影山優佳さん。

東京大学に進学できなかったとしても、日向坂46として芸能界で活躍できるという経験は東京大学に入る以上のモノを影山さんに与えてくれると思います!

前向きで明るく、努力家の影山優佳さんからはいつも元気をもらっています☺

今後の彼女の活躍に注目ですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました