広告の表示がブロックされています。

中島みゆきと天理教の関係とは?教団に嫌気がさしてすでに退会したという噂も・・

アーティスト

1975年のデビューから、約半世紀に渡り日本音楽界に絶大な存在感を示し続ける歌姫中島みゆき

中島みゆきは奈良県天理市に本部がある新興宗教・天理教の信者であると言われています。

今回は、中島みゆきと天理教との関係や、既に天理教から退会しているという噂について調べてみました!

ぜひ最後まで読んでいってください!

中島みゆきは天理教信者

もはや噂ではなく、周知の事実として知られていることだとは思いますが、中島みゆきは天理教の信者です。(一説では既に信者ではないと噂されていますが、詳しくは後述します。)

中島みゆきは世間に対して大々的には天理教信者であることを公表はしていませんが、天理教の会報誌などでは自身が天理教信者であることは語っており、天理教信者であることは間違いないでしょう。

中島みゆきが天理教に入会したきっかけは、自ら入会したのではなく、元々両親が天理教信者であったという、所謂、宗教二世信者だそうです。

中島みゆきは、シンガーソングライターとして活動して、歌姫といわれて大人気になった時にも熱心に天理教を信仰しており、オールナイトニッポンでパーソナリティを担当していた時には、天理教本部がある天理市の教会で修養科と言われている、住み込みの研修(修行)のようなことをしていました。

中島みゆきの代表曲である、『糸』元々は1992年に天理教の4代真柱(天理教のトップ)である中山善司の結婚を祝して作られた楽曲であり、はじめてこの曲を歌ったのは3代真柱である中山善衛だと言われています。

その後、中島みゆきが『命の別名』と共にリリースしたのが、この『糸』でした。

また、中島みゆきは近年まで天理教の会報誌でもある天理時報に連載を持っていました。

そして、天理教の出版社である天理教道友社からその連載をまとめた詩集を2020年に出版しています。

このように、中島みゆきは天理教と深く繋がった関係であるということがわかりますね!

しかし、近年では中島みゆきは既に天理教を退会していると噂されています。

この噂は本当なのでしょうか?

広告の表示がブロックされています。

中島みゆきは天理教を脱会している?

中島みゆきが既に天理教を退会しているという噂については、確固たる証拠が無く『噂』の域を出ていません。

しかし、ネット上には天理教信者の書き込みがあったりと、既に中島みゆきが天理教信者ではなくなっているという情報が多々見受けられます。

そのうちのひとつですが、yahoo知恵袋に信者さんのコメントがありました。

中島みゆきさんが所属なさっている教会の同じ教区の方から年末に聞きました。 中島みゆきさんの場合は修養科も修了し用木になっているようで、その関係を解除する事が出来ずに正確には脱会とはならずに脱退なのだそうです。 用木になると天理教を脱会したくても生涯、所属している教会の信者として登録されたままになるので同じような意味ですが信仰心が薄くなり、現在は天理教活動は控え距離を置いたという事だそうです。

引用元:yahoo知恵袋

知恵袋のコメントは2022年3月なので、詩集を出版した2020年から2021年までの間に、脱退という形で天理教とは距離を置いているということが読み取れます。

これらの情報から、中島みゆきは天理教の修行を終えているため、生涯天理教信者を辞めることはできないが、何らかの事情で天理教からは距離を置いているというのが正しい表現だと思われます。

天理教の教えを世間に浸透しやすい歌詞にして多くの歌をリリースした中島みゆきですが、2006年にジャニーズのTOKIOに提供した『宙船』の歌詞には、組織に頼らず己の力で生きて行け!という、大きな組織に庇護されるという宗教の考えそのものを否定するかのようなメッセージが込められています。

何の試験の時間なんだ
何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ
何が船を動かすんだ

その船を漕いでゆけ
お前の手で漕いでゆけ
お前が消えて喜ぶ者に
お前のオールをまかせるな
引用元:宙船 歌詞より

天理教から完全に距離を置いたのは2020年頃かもしれませんが、もしかしたら宙船の歌詞を考えていた時には既に心は離れていたのかもしれないですね。

まとめ

今回は中島みゆきと天理教の関係と、既に退会したという噂について調べました!

調査結果は以下の通り↓

中島みゆきは天理教信者だが、現在は脱退という形で天理教とは距離を置いていると思われる。

中島みゆきの天理教脱退については確固たる情報を見つけることはできませんでしたが、火の無いところに煙は立たないといいますので、距離を置いているのは本当なのかもしれないですね。

宗教はトップが世代交代していくと、方向性の違いから信者が離れていくということも良く起こっています。

会社やその他組織も同じことが起こりますので、中島みゆきも天理教が世代交代したことでなにか思うところがあったのかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

もし時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね(^-^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました